大人のアスペルガーでは社会のルールをどのように使いこなせるかがポイントです。

大人のアスペルガー社会との付き合い

 

大人のアスペルガーは、言葉以外のコミュニケーションが苦手です。
このため、言葉を頼って周囲の状況を判断したり、
会話の前後からその場の空気を読み取ったりします。

 

 

 

 

 

 

ですが、毎日、いろいろな状況で変化する職場や社会においては、
このような方法でコミュニケーションを保てる場合はそんなに多くありません。

 

 

 

相手の言葉を文字どおり、直線的に解釈し、理解してしまう特徴がある
アスペルガーの人は、人間関係が複雑な社会で生きていくのは苦労します。
ややもすれば、社会や職場で孤立してしまうことも多くあります。

 

 

子どものころからアスペルガーの特徴が顕著な場合、
どのように対処してきたかが人間関係や社会での付き合いや対処法に
大きく関係していきます。

 

 

社会や人間関係の輪から

 

孤立している

 

嫌われている

 

疎外されている

 

よく思われていない

 

イジメられている

 

このような空気を感じるようになったとき、
アスペルガー症候群の人は自分ではどうしたらいいか判断できません。

 

そして、次第に気持ちが落ち込み、人前に出たり社会に出ることに
恐怖を抱き、引きこもりになりかねません。
こうして、他人との交流を嫌い、避けるようになってしまいます。

 

 

 

 

 

このため、アスペルガー症候群の人が社会や職場に出るときは、
周囲に人は疎外感や孤立しないにように気を配り、
人前に出ることを避けたり、引きこもりにならないよう、
周りの人が助け合うことも大事です。

 

 

 

私がアスペルガー症候群が改善して、職場や日常生活で、

みんなと仲良くできるようになった方法 ⇒ ⇒ ⇒ コチラ