アスペルガー症候群の女性の特徴は月経前不機嫌性障害が重い

アスペルガー症候群の女性の特徴

 

アスペルガーの女性の特徴は、生理の前に感情の起伏が現れます。
生理が近づくとイライラしたり、落ち込んだりしやすいのです。

 

 

この症状を、「月経前不機嫌性障害」といいます。
この症状が激しくなると、アスペルガーの二次障害でもある
うつ病を併発しかねません。

 

 

アスペルガー症候群の女性の方は、
早期に専門医に診てもらうなど注意が必要です。

 

月経前不機嫌性障害の具体的症状

 

月経前不機嫌性障害の症状は、このような症状があります。

 

 

精神的症状

 

 

怒りっぽい

 

 

何もやりたくない

 

 

悲しくなる

 

 

涙もろくなる

 

 

イライラする

 

 

集中力がなくなる

 

 

すぐにキレる

 

 

甘いものを食べたがる

 

 

眠くなる

 

 

不眠になる

 

 

 

 

 

肉体的症状

 

 

頭痛がする

 

 

乳房が張る、痛い

 

 

手足がむくむ

 

 

顔がむくむ

 

 

頭が重い

 

 

筋肉が痛む

 

 

関節が痛む

アスペルガーの女性は月経前不機嫌性障害が重い

 

アスペルガーの女性は、月経前不機嫌性障害が重症化する傾向があります。
女性の犯罪の多くは、この月経前不機嫌性障害と関係があると言われています。

 

 

 

また、アスペルガー症候群の女性は、段取りよく仕事や家事をするのが苦手で
しなければならいことが複雑だったり、増えたりすると混乱してしまい
パニック状態を起こしかねません。
そのようなことになると、月経前不機嫌性障害が重症化してしまいかねません。

 

 

大人のアスペルガー症候群の女性は、性欲にも影響します。
性欲が低下して不感症になったり、
逆に、性欲が増して異性関係が乱れるなんてケースもあります。
セックス依存症になったアスペルガーの女性が、
異性関係のトラブルに巻き込まれる例も多くあります。

 

 

 

私がアスペルガー症候群が改善して、職場や日常生活で、

みんなと仲良くできるようになった方法 ⇒ ⇒ ⇒ コチラ

 

アスペルガー症候群の女性の問題関連ページ

女性のアスペルガー症候群の悩み
女性のアスペルガー症候群には細かい作業が苦手で、症状を重症化しかねません。