決めたことを曲げられない

決めたことを曲げられない

大人のアスペルガーの人は、
こだわりというか融通が利かないというか
変にこだわりみたいなものに執着する特徴があります。

 

 

 

たとえば楽しみにしているテレビ番組を見ながら
夕食を食べたいと思い、母親に7時からのテレビを見ながら
食べると伝えると、7時ピッタリに食事が出てこないと気分が悪いんです。

 

 

 

7時から始まる少し前にテーブルについて始まるのを待っているところに
7時に10分も前に夕食が運ばれてくると、もう不愉快になってしまい
楽しみだったテレビ番組そのものまでがつまらなくなるんです。

 

 

 

 

すでに予定されていたことが急に変更されたときも同じです。

 

 

 

たとえば、会議が長引いたときなどです。
5時の終業時間を過ぎてもまだ引き続いて会議が続けられると、
もうジッとしていられません。

 

 

会議の内容どころか、要領の悪い会議や
進行が下手な司会を心の中でののしったり、
早く帰ってやりたかったことができない無念だったり
正直言って、会議のことは頭の中にありません。

 

 

 

で、会議が終わると、そのイライラは消え去ります。
さっきまで早く帰ってやりたかったことが
もうその時点で、それほどやりたくはなかったと気付き
どうでもよくなって、予定変更して書店に立ち寄ったりするんです。

 

 

 

私がアスペルガー症候群が改善して、職場や日常生活で、

みんなと仲良くできるようになった方法 ⇒ ⇒ ⇒ コチラ

決めたことを曲げられない関連ページ

あれ、それ、って、どれ?
大人のアスペルガーの人は、「これ」とか「あれ」が分かりません。
最近どう?が分からない
ここでご紹介するのは、私の大人アスペルガーの特徴と症状です。
頑張れって何を頑張るの?
「ちゃんとやんなさい!」とか言われますが、大人アスペルガーの人には何をどうやればちゃんとやったことになるのかわかりません。
相手の言葉を直訳理解する
大人のアスペルガーの人は、相手の言葉をストレートに受取ります。
年上や上司にもため口会話
大人のアスペルガー症候群の言葉の特性として年上であろうが上司であろうがそんなの関係なくため口を聞いてしまうという特徴があります。
相手が迷惑がっていることに気づかない
アスペルガー症候群の特徴で、相手が今どのような気分なのか顔の表情から理解できない特性があります。
相手の気持ちが分からない
アスペルガーの人は、相手の表情が分かりません。
大声出されるとパニックになる
アスペルガーの人は、音に敏感な人が多いです。私は、掃除機の音も大嫌いです。
禁止言葉命令言葉でパニックになる
大人のアスペルガーの人は、正常な人には何でもない会話でも敏感に反応することがあります。
省略形の質問が分からない
アスペルガーの人は、省略されているものを推理して考えることができません。
ボタンはずしなさいと言われても
アスペルガーの私は真夏でもボタンを全部とめます。
決まり事を変えられない
大人のアスペルガーの私は、決めたことや決められたことを変えることができません。
感謝の気持ちが薄くて誤解される
大人のアスペルガーの人は、お礼の言葉を言えません。
勝手なことするなと怒られる
大人アスペルガーの人は、自分のルールを他人に押し付けます。
予定変更に対応できない
大人アスペルガーの私には、急な予定変更に対応できないことがあります。
電話のメモが取れない
大人のアスペルガーの人は電話で会話をしながら、メモが取れません。
スポーツや球技ができない
アスペルガーの私は、ボールを使うスポーツが苦手です。
計画を立てることが苦手
大人のアスペルガーの私は、計画を立てることが苦手でした。
急な誘いに付き合えない
アスペルガーの私は、急な誘いや頼み事は断りました。
他人のモノ使ってなぜ悪い?
大人のアスペルガーは他人のモノも自分のモノも区別できません。区別することが理解できないのです。
怒られると黙ってしまう
ここでご紹介するのは、怒られたり、叱責されると、黙ってしまいます。
目を見ながら会話ができない
大人のアスペルガーの人は、会話するとき目を見るのが苦手です。
「なんでしたの?」は怒ってるの?
大人のアスペルガーの人は、疑問形で怒らると質問されているのか怒られているのかわりません。
「ココだけの話し」をどこでもしゃべる
大人のアスペルガーの人は、言ってはいけないことを平気でしゃべる特徴があります。
考える質問が苦手
大人のアスペルガーの人は、考えたり想像する質問が苦手です。
例外な事されると混乱しちゃう
大人アスペルガーの人は、いつものことと違うと混乱します。